​Web管理者:終活人

〒107-0845 

東京都港区北青山2-7-20猪瀬ビル2F  

sumaishintaku@gmail.com

終活?住まい信託

 

例えば、あるご夫婦は、夫婦で一緒に参加した終活セミナーのテーマ「終活と終の棲家」に触発され、憧れだった田舎暮らしを始めました。

ご夫婦は、その地のことをよく知りませんでしたが、素晴らしい自然環境が気に入って自宅を処分して移り住みました。

 

しかし、後になって、その暮らしが考えていたものとは違うことに気づいたのです。

 

病院は遠く、買い物施設もまた遠い、車なしでは生活ができない田舎暮らしの現実。

 

今は、自動車の運転もできる、しかし、運転免許証を返納しなければいけなくなった後、終の棲家として選んだ住まいでの暮らし続けることの不安が少しづつ大きくなりました。

終の棲家という言葉の魅力は、時に人を惑わせるものです。

 

忙しく毎日を過ごしてきた人ほど、その言葉の魅力に惹かれてしまうのかもしれません。

もし、終の棲家の生活の場として田舎暮らしを考えているのなら、ご夫婦のいずれかの出身地にある実家やその近くに暮らすことが、失敗の少ない終の棲家暮らしを満喫できるのかもしれません。

​住まい信託のメリットは、自分の住まいや実家を含めて有効活用をはかるプランニングができることです。

 

そのために欠かせないのが、しっかりとしたプラン作りです。

 

あなたの終の棲家での暮らしを後悔のないのにするために、親も含めて信託法に基づく民事信託の住まい信託を活用を早目に考えておくことが、あなたの「終活と終の棲家」のテーマを理想的なものにするために役立つかもしれません。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now